高級腕時計の相場や選び方について解説

高級腕時計を選ぶ際のコツや相場などを詳しく解説しています

ひとつは持っておきたい高級腕時計

スマートフォンの需要が増え、カメラ代わり、時計代わりにしている人も少なくありません。しかし、男性のおしゃれのひとつである腕時計は、譲れないという人もいます。ビジネスの場面では時間を見るたびにスマートフォンを見るわけにはいきませんし、腕時計はビジネスにおいて必須アイテムです。同じ腕時計なら、目を引く、オシャレな高級腕時計をつけたいものです。人との違いを見せることができる高級腕時計は、買いなれている人であれば好きなものを購入することができますが、初めて購入する場合、どのブランドのものを選べばいいのか、どういうものが自分に相応しいのか等、悩むこともあるでしょう。腕時計には価格やブランドに対して一般人の目線と玄人の目線があります。人気ブランドであっても一般人のイメージと玄人のもつイメージは違います。

どんなシーンでつけるのかを考えてみる

例えば、一般の人には羨ましいと思われるようなブランドの高級腕時計であれば、どんなモデルであってもそれを持っているというだけで素敵にうつります。しかし、玄人であれば、そのブランドのどのタイプを購入するかが一番なのです。資産価値の高いブランドの時計ならどんなものでもいい、と考えるのもひとつです。しかし、多くの人が羨ましがるようなブランドの場合、ビジネスシーンで使用しにくいものもあります。現実的に使いやすい高級腕時計は、玄人からみて少し若々しいイメージにうつるものもあります。高級ジュエリーブランドのものはモダンな印象を受けるものが多く、つけていてオシャレ感がでます。そういう意味では、購入しようとする高級腕時計をどのシーンで身に着けるか、どんな目的で購入するのかによってブランドを考えた方がよさそうです。

時計の種類やブランドによって価格は異なります

高級腕時計は数十万円のものから数百万、家が買えるような高額のものまであります。価格はブランドや種類によって異なりますが、全てが資産価値として認められるようなものがほとんどです。高級腕時計は丁寧に扱うことで長く持つことができます。クオール式のものは電池で動くので、電池がきれたらすぐに交換することで、電池の液体が漏れてしまって本体が動かなくなるなどのトラブルから回避できます。高級腕時計で最も多い自動巻きのものは衝撃に対して敏感なので、スポーツをする時などは外したほうがいいでしょう。古くからある手巻き式のものは、手でゼンマイを巻き上げるわけですが、巻き過ぎるとゼンマイが切れてしまうので、定期的にほどよく巻いておいたほうがいいでしょう。時計の相場は、その人がどう感じるかで異なります。100万ぐらいは当然と考える人もいれば、数十万ぐらいが妥当と考える人もいます。